So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

MJ 無線と実験 2018年5月号 [特大号 別冊付録付き] [書籍・雑誌]

MJ 無線と実験 2018年5月号 [特大号 別冊付録付き]
mj_2018_05.jpg
http://www.seibundo-shinkosha.net/products/detail.php?product_id=5734

既にバックナンバーですが、4月10日発売のオーディオ総合月刊誌『無線と実験 2018年5月号』は、別冊「MJ回路図アーカイブ」に加え、「自作オーディオ用レタリングシール」のダブル付録の特大号です。

MJオリジナル「自作オーディオ用レタリングシール」は、2017年1月号まで3年連続で新春号の付録だったこともあり、全くのノーマークで見逃してました。


nice!(14)  コメント(0) 

ONTOMO MOOK「バックロードホーン・スピーカーをつくる!」 [書籍・雑誌]

ONTOMO MOOK Stereo編 「バックロードホーン・スピーカーをつくる!」
Back-loaded.jpg
https://www.ongakunotomo.co.jp/kagutsu/k.php?id=286

【発売日】2018年7月19日(木)
【定価】1,512円(本体1,400+税)
【判型・頁数】B5・136頁

本年のスピーカーユニット付録MOOK「これならできる特選スピーカーユニット マークオーディオ編」と同じ7月19日発売となっており、同時発売予定のエンクロージュアが特別付録の「スピーカー工作の基本&実例集 2018年版」との関係性が気になります。

[主要目次]
●バックロードホーン・スピーカーの仕組みと設計法
●スピーカーユニットによる違いを作例で知る
●これがオレのバックロードホーン・スピーカーだ!!~評論家4人による競作
●市販バックロードホーン・スピーカーキット紹介
●長岡鉄男バックロードの歴史
●傑作バックロードホーン・スピーカー図面集
 a)長岡鉄男設計20モデル
 b)浅生 昉設計5モデル
●バックロードホーン・スピーカーならこれを聴け!!
ほか


nice!(18)  コメント(0) 

ラフマニノフ ある愛の調べ [My Favorite DVD]

ラフマニノフ ある愛の調べ
Rachmaninov.jpg
『ラフマニノフ ある愛の調べ』は、ロシア・ルクセンブルク合作の伝記映画で、ピアノの魔術師と呼ばれたロシアの天才作曲家セルゲイ・ラフマニノフ(1873 - 1943)の生涯と、その人生を変えた3人の女性を描いた作品です。

裕福だった生家の没落、恩師との決別、ロシア革命によるアメリカ亡命、アメリカでの成功と創作の苦悩など、次々に襲いかかる試練の中で生み出された不滅の名曲の誕生秘話が、美しい旋律と共に綴られます。

原題: LILACS
公開: 2008年
監督: パーヴェル・ルンギン
出演: エフゲニー・ツィガノフ、ヴィクトリア・トルストガノヴァ、ヴィクトリア・イサコヴァ、ミリアム・セホン

ラフマニノフ ある愛の調べ 予告編

続きを読む


タグ:洋画

スピーカーユニット付録MOOK、今年はマークオーディオ製! [書籍・雑誌]

これならできる特選スピーカーユニット マークオーディオ編
om-mf5.jpg

4月19日発売のステレオ5月号の「スピーカーユニットMOOK付録」の記事にて、7月発売開始予定のスピーカーユニット付録MOOKがマークオーディオ製と告知されました。


「Mark Audio」は1999年にマークフェンロンによってスピーカーユニットの設計製造メーカーとして設立され、ロングストロークで軽いMMSの駆動部が正確に入力信号に追従することを全ての製品で徹底しており、今回の8㎝径フルレンジ「Model OM-MF5」も、アルミマグネシウム合金のメタル振動版を採用した往復7㎜の超ロングストローク設計で、軽量化された振動版により25kHzまでの高域特性を獲得しているとのことです。

本体価格5,000円(予価)、発売日は7月19日予定、次号以降で詳細が紹介されますが、どういったユニットなのか今から楽しみです。

続きを読む


タグ:OM-MF5
nice!(17)  コメント(2) 

ONTOMO MOOK「快音! 真空管サウンドに癒される」-その② [書籍・雑誌]

ONTOMO MOOK「快音! 真空管サウンドに癒される」の続編記事になります。
lxv-ot6.jpg

4月19日発売のステレオ5月号に、「いよいよ発売間近! ラックスマン真空管ハーモナイザー 開発者インタビュー」と題する来月発売のMOOK付録「真空管ハーモナイザー」の記事が掲載されました。

また、真空管を交換してさらなる音の変化・向上が楽しめることから「使い方を知る~オーディオの新常識~」の連載では、付属真空管、PMブランド、米RCA製、ゴールデンドラゴン、米GE製、5種類の双三極管12AU7の音質比較がされています。



タグ:LXV-OT6
nice!(17)  コメント(2) 
前の5件 | -