So-net無料ブログ作成
検索選択

ONTOMO MOOK スピーカー工作の基本&実例集 2015年版 [書籍・雑誌]

ONTOMO MOOK Stereo編 スピーカー工作の基本&実例集 2015年版
ontomo_mook_201508.jpg
http://www.ongakunotomo.co.jp/kagutsu/k240.html
ステレオ付録史上最大サイズのフォステクス製10cm径フルレンジ・スピーカーユニット P1000が、Stereo2015年8月号の付録となるのは既報の通りですが、同時発売となる第5弾のムック「スピーカー工作の基本&実例集 2015年版」の特別付録は、バックロードホーン型エンクロージュア・キットだそうです。

【発売日】2015年7月18日(土)
【予価】4,860円(本体4,500+税)
【判型・頁数】A4・24頁

Fostex製のバスレフ型スピーカー・ボックス P1000-Eに対して、MOOK企画史上最大サイズのバックロードホーン型エンクロージュア・キットという事で、人気を博しそうな予感がします。



タグ:P1000
nice!(17)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 17

コメント 2

PopLife

Oh!今は影薄き?バックロードフホーン、
ICレコーダー直結ではドライブは無理でしょうか?
ではまた、ありがとうございました。
by PopLife (2015-05-09 14:56) 

coregar

PopLife様、お世話になります。
気にはなっても敷居の高いバックロードホーンですが、こういったキットがあると入門編には持って来いですね。
付録のデジアン辺りは必要と思います。
by coregar (2015-05-09 17:47) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: