So-net無料ブログ作成
検索選択

僕のピアノコンチェルト [My Favorite DVD]

僕のピアノコンチェルト Vitus
VITUS.jpg
http://eiga.com/official/bokunopiano/introduction.html
『僕のピアノコンチェルト』(原題:Vitus)は、2006年(日本公開は2007年)のスイス映画で、ピアノと数学に天賦の才を発揮する天才少年の孤独と心の成長を描いた作品です。

主人公ヴィトスの12歳を演じるテオ・ゲオルギューは、自身も国際的なコンクールでの優勝実績を持つ新進ピアニストで、劇中の演奏シーンも彼自身がこなしています。

原題: Vitus
公開: 2006年
監督: フレディ・M・ムーラー
出演: テオ・ゲオルギュー、ブルーノ・ガンツ、ジュリカ・ジェンキンス、ウルス・ユッカー、ファブリツィオ・ボルサニ

『僕のピアノコンチェルト』劇中使用楽曲リスト
■ロベルト・シューマン - ピアノ協奏曲 イ短調
■フランツ・リスト - ハンガリー狂詩曲 第6番変ニ長調
■フランツ・リスト - “ラ・カンパネッラ”パガニーニによる大練習曲 第3番 嬰ト短調
■ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト - ロンド イ短調 K.511
■モーリス・ラヴェル - “道化師の朝の歌”組曲「鏡」から
■ヨハン・セバスチャン・バッハ - ゴルトベルク変奏曲 29番 30番
■ドメニコ・スカルラッティ - ソナタ ホ短調 K263
■カール・チェルニー - エチュード
■ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト - “ラクリモサ”レクイエム ニ短調 K.626
■ロベルト・シューマン - “勇敢な騎手”「子どものためのアルバム」から

予告編

続きを読む


ONCE ダブリンの街角で [My Favorite DVD]

ONCE ダブリンの街角で
once.jpg
『ONCE ダブリンの街角で』(原題: Once)は、アイルランドの首都ダブリンを舞台に、ストリートで出会った地元の男とチェコ系移民の女が音楽を通して心を通わせていく2007年公開のアイルランド映画で、2011年には同名ミュージカル『ONCE ダブリンの街角で』として舞台化されています。

主演のアイルランドの人気バンド“ザ・フレイムス”のグレン・ハンサードと、チェコのシンガーソングライター、マルケタ・イルグロヴァの2人は、映画撮影以前より「ザ・スウェル・シーズン」の名で音楽活動をしており、映画のオリジナル曲全ての作曲および演奏を行っています。

原題: Once
公開: 2007年
監督: ジョン・カーニー
出演: グレン・ハンサード、マルケタ・イルグロヴァ

予告編

続きを読む


1,400,000アクセス御礼 [雑感]

備忘録を兼ねた手持ちオーディオ・ビジュアル機器紹介の当ブログですが、お陰さまで閲覧数の累計が1,400,000を超えました。
拙いブログですが、訪問頂いた方々に改めて御礼申し上げます。
1400073.jpg
(今回も1,400,000ジャストは見れませんでした。)

前回の「1,100,000アクセス御礼」までの3年間は、「800,000アクセス御礼」の記事で触れた通り、年300,000アクセスで安定しておりましたが、凡そプラス3か月を要しており、流石にペースダウンした感じです。

下記は現時点のアクセス数ベスト10です。
アクセス数ベスト10
【1】Stereo誌 2013年1月号付録はUSB DAC「LXU-OT2」
 ステレオ誌付録のヘッドフォンアンプ付きUSB DAC ラックスマン LXU-OT2の紹介記事
【2】LUXMAN LXA-OT1
 ステレオ誌付録のデジタルアンプ ラックスマン LXA-OT1の紹介記事
【3】LUXMAN LXU-OT2
 ステレオ誌付録のヘッドフォンアンプ付きUSB DAC ラックスマン LXU-OT2の紹介記事
【4】SCANSPEAK 10F/8422-03
 ステレオ誌付録のスピーカー・ユニット スキャンスピーク 10F/8422-03の紹介記事
【5】Stereo誌 2012年8月号付録のスピーカー・ユニット
 ステレオ誌付録のスピーカー・ユニット スキャンスピーク 10F/8422-03の紹介記事
【6】ハイレゾ音源 無料ダウンロード
 お試し用ハイレゾ音源のダウンロードサイトの紹介記事
【7】DigiFi No.13 特別付録はUSB DAC付デジタルパワーアンプ
 DigiFi付録のOlasonic製USB DAC付ジタルパワーアンプの紹介記事
【8】金曜ドラマ「もう一度君に、プロポーズ」
 TBS系列の金曜ドラマ枠で放送された「もう一度君に、プロポーズ」の紹介記事
【9】LUXMAN LXA-OT1・続編③
 ステレオ誌付録のデジタルアンプ ラックスマン LXA-OT1の紹介記事
【10】ダイトーボイス SV-101
 ステレオ誌付録の10F/8422-03に適合するバスレフ型エンクロージャー SV-101の紹介記事

人気の上位記事は順位の入替だけで前回と変わりませんが、アクセスは多分にオーディオ雑誌の付録関連記事の上位浮上に支えられており、各出版社の付録スピーカーや基板の新鮮味が薄れた事や、円安による付録価格の高騰も相まって、一頃のような勢いが感じられない傾向がそのまま反映されてる気がします。

参考までに、アクセス数ベスト11位から20位は以下の通りです。

続きを読む


続・Stereo誌 2016年8月号付録はメタルコーンユニット [書籍・雑誌]

前回の「Stereo誌 2016年8月号付録はメタルコーンユニット」の続編記事になります。
M800.jpg

4月19日発売のStereo 2016年5月号の目次に「8月号付録・メタルコーンM800のデータ紹介」とあり、メタル振動板 8cm口径フルレンジスピーカーユニットの型番と仕様が明らかになりました。


M800はアルミニウム素材のコーンとセンターキャップ、アップロール・ラバーエッジ、磁気回路にΦ60mmフェライトを採用し、2014年8月号の付録ウーファーユニット PW80と同寸法のフレームとなっているそうです。
M800 規格
形式 8cmコーン形フルレンジ
インピーダンス
最低共振周波数 105Hz
再生周波数帯域 f0~32kHz
出力音圧レベル 82.5dB/w(1m)
入力(NOM) 5W
m0 2.5g
Q0 0.75
実効振動半径 3.0cm
マグネット質量 103g
総質量 280g
バッフル穴寸法 Φ79mm
標準エンクロージャー方式(内容積) バスレフ型(3.5ℓ)

次号辺りで、恒例の専用エンクロージュア・キットを付録にしたMOOK「スピーカー工作の基本&実例集2016年版」も告知されると思いますが、どういった箱になるのか楽しみです。

続きを読む


タグ:M800

テクニクスの限定レコードプレーヤー「SL-1200GAE」、予約開始から30分で300台完売 [レコードプレーヤー]

2週間ほど前のニュースですが、4月12日に予約が開始されたテクニクスのアナログレコードプレーヤー限定モデル「SL-1200GAE」は、税込みで35万6400円もしますが、国内販売分300台が予約開始から30分で完売したそうです。
SL-1200GAE.jpg
http://www.phileweb.com/news/audio/201604/12/17124.html

新型機投入の背景はレコード人気の復活ですが、日本レコード協会によると、レコードの売上枚数は2009年(10万2000枚)以降右肩上がりに伸びて昨年は66万2000枚に、売り上げ金額は10年間で3.5倍に達したそうで、同時期に売上金額が半減したCDと対照的です。
◆生産実績 過去10年間 オーディオレコード アナログディスク
 http://www.riaj.or.jp/f/data/annual/ar_anlg.html
◆生産実績 過去10年間 オーディオレコード CD合計
 http://www.riaj.or.jp/f/data/annual/ar_cd.html

続きを読む


タグ:SL-1200GAE