So-net無料ブログ作成
検索選択

ソニー「HAP-Z1ES/HAP-S1」、サーバー機能やUSBデジタル出力にアップデート対応 [インターネットラジオ]

ソニー「HAP-Z1ES/HAP-S1」、サーバー機能やUSBデジタル出力にアップデート対応
http://www.phileweb.com/news/audio/201610/18/17922.html

HDDオーディオプレーヤー』、『SONY HAP-Z1ES/HAP-S1の「vTuner」機能を10月4日に終了』、『ソニー、「HAP-Z1ES/HAP-S1」の直接CDリッピング対応アップデート』の記事で紹介したSONY HAP-S1/HAP-Z1ESですが、2016年10月18日のソフトウェア・アップデートにて、ネットワーク経由で音楽を配信するメディアサーバー機能や、本体USB端子からソニー製USB DACへのデジタル出力機能が追加されています。

メディアサーバー機能により、「HAP-Z1ES/HAP-S1」の内蔵HDDや、USB接続の外付けHDDに保存した音楽ファイルを、NAS(ネットワーク接続のHDD)と同様に同じネットワークに接続したネットワークオーディオプレーヤーから再生可能となります。


タグ:HAP-Z1ES HAP-S1

FOSTEX P803-S [スピーカー]

FOSTEX KANSPI-SYSTEM P803-S
FOSTEXからハイレゾ対応スピーカーシステム「P803-S」が11 月中旬に発売されます。
http://www.fostex.jp/products/p803-s/
p803-s.jpg

「P803-S」は昨年発売された「P802-S」をグレードアップしたモデルで、設置の自由度が高いインシュレーターとベースボードを備えた底面バスレフ方式を採用し、エンクロージャーを再設計することで低域の再生能力が強化され、再生周波数帯域150Hz~40kHzの従来機に対して新モデルは同じユニットで70Hz~40kHzとなっているほか、スピーカーグリルが付属します。

P803-Sの主な仕様
■型式: 2ウェイバスレフ型
■クロスオーバー周波数:4.4kHz
■スピーカーユニット:
・80mmコーン型ウーファー
・20mmソフトドーム型トゥイーター
■最大許容入力: 24W
■インピーダンス:8Ω
■周波数帯域:70Hz~40kHz
■出力音圧レベル:80dB/W
■寸法/質量:W140×H243×D172mm / 1.84kg



続・ネットワークCDレシーバー-その⑦ [インターネットラジオ]

オールインワンのネットワークCDレシーバーの続編記事の第七弾になります。
(今回はオールインワンではなく、何れもネットワーク機能付きのプリメインアンプです。)

ONKYO R-N855ワイドFM対応
http://www.jp.onkyo.com/audiovisual/audiosystem/intec/rn855/index.htm
オンキヨー&パイオニアより、ONKYOブランドにてプレミアムハイコンポシリーズ「INTEC」を復活し、ネットワークステレオレシーバー/CDプレーヤー/スピーカーの新製品が11月中旬に発売されます。

続きを読む


ONTOMO MOOK「オーディオ 音質改善の極意」 [書籍・雑誌]

ONTOMO MOOK 「オーディオ 音質改善の極意」
ontomo_mook.jpg
http://www.ongakunotomo.co.jp/kagutsu/k322.html
12月19日(月)発売予定のステレオ誌新春号に付録基板シリーズは付属せず、昨年の「極上のハイレゾサウンド抽出法」と同じく同日発売のONTOMO MOOK「オーディオ 音質改善の極意」に、特別付録としてパイオニア製USB型ノイズクリーナーが付属します。

付録は「Stereo×Pioneer Bonnes Notes(ボンノート) プロジェクト」の第一弾製品となるノイズフィルター「DRESSING(ドレッシング)」のお試し(トライアル)版で、オントモ・ヴィレッジ オンラインショップやパイオニアITストアで予約受付中の製品版「APS-DR001」だと販売価格は6,000円(税込6,480円)のため、廉価版仕様とは言え随分とお買い得な価格設定です。
http://www.ongakunotomo.co.jp/kagutsu/k315.html
http://pioneer.jp/pcperipherals/bonnesnotes/aps-dr001/




タグ:APS-DR000