So-net無料ブログ作成
検索選択
FMチューナー ブログトップ

PIONEER F-700 [FMチューナー]

PIONEER パイオニア F-700
f-700.JPG
http://www.niji.or.jp/home/k-nisi/f-700.htm
http://audio-heritage.jp/PIONEER-EXCLUSIVE/tuner/f-700.html
パルスカウント方式を採用した、7連バリコンのFM専用チューナーです。
F-700のアンテナはCATVから供給しているので、安定したシグナルレベルでマルチパスは皆無です。
FM放送はこんなに良い音だったのかと、うなってしまう素晴らしい音質で、この時代のアナログチューナーの完成度は大したものだと思います。
タグ:F-700

PIONEER F-2050 [FMチューナー]

PIONEER パイオニア F-2050
f-2050.JPG
http://www.audio-heritage.jp/PIONEER-EXCLUSIVE/tuner/f-2050.html
ダイヤル指針とチューニングメーターが一体化したデザインが、とても気に入って購入したFM専用チューナーです。
フロントパネル全体を淡く照らすダイヤル指針のグリーンの照明が、とても綺麗で良い雰囲気でした。
その後、更に高性能なチューナーの音が聞いてみたくなり、こちらは友人に譲って当時の高級機だったF-700に買い換えました。
タグ:F-2050

ワイドFM(FM補完放送) [FMチューナー]

2015年10月5日より、東京地区においてFM補完放送(東京スカイツリー)とV-Lowマルチメディア放送(東京タワー)の試験電波が送信されているそうです。
http://www.vlow-wfm.jp/service.html
image.jpg

FM補完放送(ワイドFM)は、テレビ放送の地デジ化によって空いた90~108MHz帯の周波数再編成の一環として、AM(中波)放送局の放送エリアにおける難聴対策や災害対策のために、従来のFM放送用の周波数(76.0~90.0MHz)に加え、新たに割当てられた周波数(90MHz~95MHz)を用いたAM番組の放送です。

TBSラジオ、文化放送、ニッポン放送の在京AM局3社は、「サイマル放送」による本放送開始予定を2015年12月と発表しており、FM活用による音質向上が音楽番組の充実に繋がるかも知れません。

TBSラジオがFMラジオでも聴けるようになります!FM90.5MHz
 http://www.tbs.co.jp/radio/jokr_fm/

二刀流ラジオ。文化放送AM1134kHz / FM91.6MHz
 http://www.joqr.co.jp/fm916/

HappyFM93 ワイドFM FM補完放送 ニッポン放送 (対応ラジオのリストが紹介されています。)
 http://www.1242.com/info/jolf_fm/top.php

残念ながら90MHzまでしか受信できないラジオでは聴取できないため、「ワイドFM対応」「FM補完放送対応」「ワールドチューナー」といったワイドバンド対応の受信機が必要ですが、2011年7月24日以前のアナログテレビ音声(1-3ch)の聴取が可能なFMラジオだと聴くことができます。

続きを読む


タグ:ワイドFM

首都圏のFMバンド事情 [FMチューナー]

先日の「ワイドFM(FM補完放送)」とは別の話題になりますが、アナログテレビ用のガードバンド(85~90MHz帯)廃止に伴って首都圏のFM放送局に変化があります。

InterFM897
10月1日から、"InterFM"のステーション名が "InterFM897"に変わりました。
首都圏の建築物の高層化等により受信環境が年々悪化しているため、東京タワーのアンテナを高い位置に移し、同じ周波数でアンテナを高くすると今まで届かなかった地域で混信が発生することから、周波数も76.1MHzから89.7MHzに移動するのだそうです。
移行期間として6月30日から新旧周波数でサイマル放送中ですが、76.1MHzでの放送は10月31日をもって終了し、11月1日より周波数89.7MHzのみの放送となります。

株式会社Inter FMの受信環境改善のための周波数変更
 http://www.soumu.go.jp/soutsu/kanto/press/27/0624ho.html

J-WAVE
2012年4月の東京スカイツリーへの移転後に発生した港区南西部の都市型難聴の対策として、J-WAVE港FM(森タワー、100W、88.3MHz)から試験電波を送信しています。
11月1日05:00運用開始の予定で、港区南西部およびその周辺部は88.3MHzでもJ-WAVEが受信可能になります。

株式会社J-WAVEのFMラジオ中継局に予備免許
 http://www.soumu.go.jp/soutsu/kanto/press/27/0827ho-1.html

TOKYO FM
東京タワーからの送信ではカバーできない地形的難聴の解消を目的として、西多摩郡檜原村に中継局(300W、86.6MHz)が開設され、12月の放送開始に向け試験放送が始まっています。
予備送信所のある臼杵山(うすきやま)からの送信と考えられますが、標高が高いためか都心でもノイズ無くクリアに受信できます。

株式会社エフエム東京のFMラジオ中継局に予備免許
 http://www.soumu.go.jp/soutsu/kanto/press/27/1001ho.html

インターFMの試験放送は聴き逃しましたが、J-WAVEやTOKYO FMの試験放送は素晴しいです。
ウェブラジオと同様おしゃべりやCMが一切無く、選曲がいい感じの音楽が流れており、本放送に切替わるのが何だか惜しい気がします。

続きを読む


FMチューナー ブログトップ