So-net無料ブログ作成
書籍・雑誌 ブログトップ
前の5件 | -

池田圭 著 音の夕映 [書籍・雑誌]

池田圭 著 音の夕映
kei_ikeda_1.jpg
日本オーディオ界の重鎮 故 池田 圭 氏の著書『音の夕映』です。
この本の中に、アイデンの12cmフルレンジユニットの名機AF-50シリーズに関する文章がありました。

アイテックス・モデル五〇型に題す。
「僕はこの年になって初めてこの小さなスピーカーを作った。・・・・・・人生は余りに短か過ぎる。」
そういう意味の自画自賛を書いたのは僕五八歳の春であった。
この一二センチが、製造元であるKKアイデンの名によるよりも、いわゆるオーナー商品として、他社のブランドで好評を博している物が多い。
製造元であるKKアイデンでは今日のところ普及形をAF―五〇Pと呼び、特製品をAF―五〇Xと名付けている。
ヴェダァー五aと呼ぶのはAF―五〇X型をバス・レフ箱に蔵めた製品であるが、同社の清水淳氏を初めとする技術部の数年に渡る努力研究の集積である。
小なりと雖も、WE、アルテックの音質を伝えているや否や、一聴に及ばれんことを。(270-271頁)

私が所有するSX-111Dは、OEM供給されたAF-50シリーズの廉価版が使用されています。
そのカラッと乾いたサウンドは、WE、アルテックに共通するところかも知れません。



また、この本にはAF-50シリーズと同様、開発に携われたビクターの名機SX-3に関する文章も収められています。

続きを読む


タグ:AF-50P 池田圭

五味康祐 オーディオ巡礼 [書籍・雑誌]

五味康祐 オーディオ巡礼
audio_junrei.jpg
昨年たまたま通りかかった有楽町の東京国際フォーラムで、2009東京インターナショナル オーディオショウが行われていて入場したのですが、会場出口でこの本の復刻版のキャンペーン販売を行っていました。
そう言えば昔その様な本があった事を思い出して、早速読んでみたものです。

芥川賞受賞作家の五味康祐氏は、クラシック音楽やオーディオの評論家としても有名で、この本はステレオサウンド誌に連載されたものをまとめたものです。



タンノイ不朽の名作と謳われたAutographでクラシック音楽を聴くことをこよなく愛されていた同氏らしく、この本の最後に出てくる「わがタンノイ・オートグラフ」の末尾は次のような文章で締め括られています。

続きを読む


タグ:五味康祐

長岡鉄男 著 オーディオA級ライセンス [書籍・雑誌]

長岡鉄男 著 オーディオA級ライセンス
audio_license.jpg
自作スピーカーで有名なオーディオ評論家 故 長岡鉄男氏の著作で、オーディオ機器の使いこなしに関して、余りお金を掛けないテクニックが纏められています。
二十数年前の本なので、レコードプレーヤー、FMチューナー、テープデッキ等、今やメインの音楽ソースでは無くなった部分もありますが、アナログディスクを聴かれるマニアの方を始めとして、現在でも通用する実践テクニックが紹介されていて参考になります。


タグ:長岡鉄男

FMレコパル [書籍・雑誌]

FMレコパル
fm_recopal.jpg
小学館発行のFM放送番組情報を主体とした隔週発刊のFM情報誌です。
1974年創刊、1995年廃刊。
オーディオ雑誌もいろいろとありましたが、私が長期に渡って購読していたのがFMレコパルでした。
アナログレコードとFM放送がメインソースだった当時、FM雑誌の番組表はFMエアチェックに欠かせないもので、特にFMレコパルのオーディオ機器を価格帯別に紹介する連載記事は製品を知る上で貴重な情報源でした。

その後、レンタルレコード店の登場やCDの普及、FM放送の多くが会話メインの生放送に移行した事で、FMエアチェックの習慣も下火となり、他にもFM fan、FM STATION、週間FM等のFM雑誌がありましたが、何れも2001年までに休・廃刊となりました。

五味康祐 著 五味オーディオ教室 [書籍・雑誌]

五味康祐 著 五味オーディオ教室
gomi_audio.jpg
オーディオ評論家としても有名な芥川賞受賞作家、故 五味康祐氏の主要著作のオーディオに関する文章とステレオサウンド誌に連載された原稿を再編集して新書版にしたもので、副題の「"音"の求道者が伝授する選び方・鳴らせ方の極意」の通り、オーディオに対する考え方や使いこなしに関する文章が四十箇条に纏められています。

文中に登場するオーディオの専門用語や著名な機器について、欄外に編集者が付加した簡単な解説文が載っています。
何れの解説も簡潔で判り易く、巻末にそれら解説文の50音順の索引もあって、ちょっとしたオーディオ用語事典になっています。

1976年 ごま書房刊 定価630円
タグ:五味康祐
前の5件 | - 書籍・雑誌 ブログトップ