So-net無料ブログ作成
検索選択
薄型テレビ ブログトップ
前の5件 | -

Pioneer PDP-428HX [薄型テレビ]

Pioneer パイオニア プラズマテレビ KURO PDP-428HX
PDP-428HX_01.jpg
http://www3.pioneer.co.jp/product/product_info.php?product_no=00002375&cate_cd=126&option_no=5
http://www.ippinkan.com/pioneer-kuro.htm
撤退発表後、気にはなっていたものの購入のタイミングを逸して諦めていましたが、エコポイントの発表を契機にあちこちの量販店を探し回り、外装が綺麗で焼き付きも無く新品同様の展示品を専用フロアスタンド(OT-H427)+長期保障付で購入しました。
新品だと焼き付きや子供に触らせるのも不安ですが、エージング不要で始めから家族全員で高画質を堪能できるメリットは大きいものがありました。
本当に画質は綺麗で、暗めのリビングで見ていると、量販店のKUROブースの感動が甦ります。
音質も薄型テレビとしては、間違いなく最高の部類に入ると思います。
タグ:PDP-428HX

TOSHIBA 26L400V [薄型テレビ]

TOSHIBA 東芝 beautiful FACE 26L400V
26l400v.gif
http://www.toshiba.co.jp/regza/ctv/product/beautiful/26l400v/
アテネオリンピックを地デジで視聴するために購入、近頃の32インチよりもサイズが大きくて、とても26型には見えません。
最近は省略されている事が多い2画面表示や、RDとの連動機能のテレビdeナビはとても便利でした。
機能不足で今や使い物になりませんが、専用のブラウザが搭載されていてインターネットに直接アクセスできました。
初代の液晶で懲りたので、怪獣(?)対策にハンズでアクリルパネルを購入し、液晶パネルの縁にマジックテープで取り付けています。
KURO導入に伴い子供部屋に引っ越しました。

タグ:26L400V

SONY KLV-23HR2 [薄型テレビ]

SONY ソニー WEGA ベガ KLV-23HR2
23HR2.jpg
http://www.sony.jp/CorporateCruise/Press/200303/03-0326/
初めて購入した薄型テレビです。
アナログチューナーのみ搭載で、地デジは未対応でした。
最近の液晶テレビだとアナログ放送は見れたものではありませんが、アナログ放送も標準画質のDVDも映像はとても綺麗で感動的でした。
デザインが良く気に入っていましたが、子供が液晶パネルを叩いて壊してしまい、全損扱いのため泣く泣く廃棄処分となりました。
タグ:KLV-23HR2

Pioneer KURO パネル使用時間 [薄型テレビ]

パイオニアのプラズマテレビには、付属のリモコン操作でパネルの使用時間や使用回数の確認ができる、サービスマンモードというのがあります。
私の所有するPDP-428HXは、エコポイント開始時に展示品を購入してちょうど2年になりますが、現在の使用状況は以下の通りです。

現在(二年経過):
・HOUR METER 5622H 38M
・PANEL COUNT 4806 TIMES

購入時:
・HOUR METER 3128H 49M
・PANEL COUNT 285 TIMES

量販店によると9ヶ月程の展示という事で、製造年月や1日12時間の営業時間から考えると、外装はとても綺麗でしたが使用時間としては妥当な感じでした。
一応の目安としていた2,000時間は越えていたものの、エージング済で焼き付きや画素欠けの心配が要らないのは大きなメリットですし、既に新品在庫は皆無で入手困難な状況もあり即決で購入しました。
撤退発表後に人気が急上昇し、もう買えない可能性も高かったので、長期保障にエコポイント付で確保できたことはもとより、新品の専用フロアスタンドOT-H427を格安で調達できたのは本当にラッキーでした。

この二年間の差分を平均すると、1日に6回の電源オンで3時間半の視聴という事になります。
 2,494時間÷730日≒3.4時間/日
 4,521回÷730日≒6.2回/日
電気代の比較に使用される「年間消費電力量(kWh)」の測定基準は、テレビの場合1日あたり4.5時間というのが、一般家庭での使われ方を想定した視聴時間なので、KUROユーザーとしてはちょっと少なめというところです。

続きを読む


タグ:PDP-428HX

Pioneer KURO パネル使用時間-その② [薄型テレビ]

昨年の「Pioneer KURO パネル使用時間」の続編記事になります。
ちょうど一年が経過したので、久し振りにサービスマンモードで視聴時間を確認してみました。

現在:
・HOUR METER 7013H 52M
・PANEL COUNT 6983 TIMES

前回(一年前):
・HOUR METER 5622H 38M
・PANEL COUNT 4806 TIMES

前回と大差は無く、この1年間の平均は1日に6回の電源オンで約4時間の視聴という事になります。
 1,391時間÷365日≒3.8時間/日
 2,177回÷365日≒6.0回/日

パイオニアによると、パネル部の輝度寿命は60,000時間を超える長寿命と言ってますので、今のペース(4時間/日)だと30年は大丈夫という計算になります。
パネルは一生ものと言えそうですが、パネルより先に他の部品が確実にダメになりそうです。
タグ:PDP-428HX
前の5件 | - 薄型テレビ ブログトップ