So-net無料ブログ作成
電源ケーブル ブログトップ
前の5件 | -

BELDEN 19364 [電源ケーブル]

BELDEN ベルデン 電源ケーブル 19364
belden_19364.jpg
米国ベルデン社のシールド電源ケーブル19364を使用した電源ケーブルで、電源プラグに松下電工のWF5015B、IECコネクターにSCHURTER 4781が使用されています。
スピーカーケーブルやラインケーブルはともかく、コンセントからアンプまでの1、2mの電源ケーブル交換で、音質が変わるのか疑問でしたが、ラックの後ろはケーブルだらけでクロスしまくりの環境のため、シールドの重要性を感じてオークションで購入、AX-V8000付属のKRIPTON PC-5と思しきコードと交換してみました。
仕上げも丁寧で、しっかりとした作りは安心感があります。

線材 : 高伝導性錫メッキ銅
構造 : Beldfoil ドレインワイヤー
芯数 : 3
芯線 : 14AWG
導体 : 41本×0.254mm
外径 : 10.21mm
タグ:AX-V8000 19364

BELDEN 非メッキ電源ケーブル [電源ケーブル]

BELDEN ベルデン 非メッキ電源ケーブル
19354.JPG
米国ベルデン社は基本的にケーブルしか製造しないメーカーですが、これは真鍮非メッキ端子のモールド・プラグ/コネクターが付いた電源ケーブルです。
小さなタグには"BELDEN C S.222 CORD SET CORDON AMOVIBLE 15 AMP. 125 V. 1875 W. LL30830"と書いてあり、ケーブル本体には"14-3 SJT 60C E3462-C - LL7874-C 14-3 SJT 60C FT2 OR"と刻印されています。

因みに手持ちの19364の刻印は、"14-3 SJT 60C (UL) E3462-M - CSA LL7874-M 14-3 SJT 60C FT2 - SHIELDED ROHS 2FG"です。
ケーブル自体に製品番号の表記が無いので、刻印のE3462やLL7874を製品番号と誤解しているケースを見かけますが、E3462は米国のUL規格、LL7874はカナダのCSA規格の番号で何れも製品番号ではありません。

オークションで中古品を入手したものなので詳細は良く判らないのですが、線材の太さが14AWG、ノンシールドタイプのケーブルである事を考えると、現行製品であればコンピューター機器向けに良く使われる19354ではないかと思っています。
音響機器用という訳では無いと思いますが、ベルデンの極太電源ケーブルというだけで安心感があります。

IEC 3pin-メガネ変換アダプター [電源ケーブル]

3pin-メガネケーブル/C13-C7 変換アダプター
c13-c-7.jpg
眼鏡型プラグ(IEC 60320 C7)を接続する機器に、オーディオ機器用の3ピン(IEC 60320 C13)の電源ケーブルを使うためのアダプターです。

レコーダーなどの電源ケーブルは、一部のハイエンド機を除きメガネ型のケーブルが使われているのが一般的で、電源ケーブルを交換したい場合はメガネプラグの電源ケーブルを調達する事になりますが、メガネ端子のケーブル自体さほど多くは無いので選択肢が限られます。
自作はともかく、手持ちの電源ケーブルの有効利用が頭に浮かぶと思いますが、これがあればメガネ型端子の機器に、通常のオーディオ機器用ケーブルが挿せます。

デスクトップパソコン等の電源ケーブルの再利用を意図した製品のため、メッキものの接点が増える事への異論もあろうかと思いますが、お試しで音質・画質が改善されれば儲けものです。

早速AX-V8000付属のKRIPTON PC-5同等品(OFC、極性表示付プラグ)や、KURO純正の電源ケーブル(シールド、フェライトコア付)をBDZ-RX30に使用した感じだと、瞬時に切替えての比較も出来ないし激変という訳ではありませんが、SONYのフラッグシップBDZ-AX2000張りのしっかりとした太目の電源ケーブルを使う気分は上々です。

余っている電源ケーブルの有効利用との割り切りも必要ですが、大した出費ではありませんし実験の価値は十分にあると思います。


続きを読む


タグ:WS-163

KRIPTON PC-5 [電源ケーブル]

KRIPTON クリプトン PC-5 OFC(無酸素銅)電源ケーブル
ph_pc-5.jpg
http://www.kripton.co.jp/avc/products04/pc-5.htm
別の記事でもちょこっと触れましたが、私の所有するビクターのAVアンプAX-V8000付属の電源ケーブルは、実はこのKRIPTON PC-5と全く同じものでした。
外見は普通の2芯キャブタイヤケーブルですが、導体に高純度OFC(無酸素銅)が使われており、手頃な価格でコストパフォーマンスの高い電源ケーブルだと思います。

AX-V8000はベルデンの19364を使用した電源ケーブルに交換しているので、こちらはメガネ変換アダプターを咬ませてソニーのBDレコーダーBDZ-RX30で使用しています。
KDK KAWASAKI 300V 2002(製造年) 2.0㎟ OFCのプリント通り、導体の太さ2sq(スケア:JIS規格)はUL規格の14AWGに相当するので、BELDEN 19364と太さに差は有りません。

主な特長
ハイクオリティ2mm×2芯高純度OFC(Oxygen Free high conductivity Copper)採用
電気用品安全法適合
IEC規格・極性表示プラグ
2m OFC(無酸素銅)電源ケーブル
標準価格 7,350円


タグ:AX-V8000 PC-5

OYAIDE P-037/C-037 [電源ケーブル]

オヤイデ電気 電源プラグ IEC320プラグ OYAIDE P-037 C-037
p-037_c-037.jpg
http://www.oyaide.com/audio/audio-products/power_plugs_iec_connectors/P-037_C-037.html
最近オークションでよく見かける、オヤイデ電気の電源プラグ/コネクター「P-037/C-037」です。
Stereo誌2013年1月号付録はUSB DAC「LXU-OT2」の記事で紹介したMOOK「誰でもできる!自作でオーディオアクセサリー」の付録電源ケーブルキットに触発されて調達したものです。
http://www.ontomovillage.jp/ontomo/news/3235
http://www.ongakunotomo.co.jp/kagutsu/k126.html


新品のバルクパッケージ品とは言うものの、オークションにて格安品をゲットしたものなので、フェイク品の可能性は拭えませんが、下記のオヤイデ電気のDIYケーブル自作・工作集の電源ケーブル編を参考に、手持ちのケーブルを使用して自作してみました。

「初級・基礎編 :意外と簡単に作れちゃいます。ACROLINK P-4030,OYAIDE P-079,C-079を使用した電源コードの製作例を掲載しました。」
 ⇒http://www.oyaide.com/diy/diy4.html
「初級・基礎編 その3 :L/i50 OFCとP,C-037を使ったオリジナルケーブルの製作例」
 ⇒http://www.oyaide.com/diy/diy6.html

power_cable.jpg
組合せたのは手持ちのスピーカーケーブル SAEC SPC-1000で、オルトフォンやサエクの高級スピーカーケーブルを流用した例を割りと見かけるのと、そもそも製作自体が自己責任の範疇ですし、あくまでお試しの位置付けです。
電源ケーブルではありませんが、VCT(ビニルキャブタイヤケーブル)と同様の構造と、芯線の断面積5.5スケア(10 AWG)の超極太導体のケーブルは、内部の絶縁体や外装はもちろんのこと、耐圧や絶縁性能も電子レンジや掃除機等の電源コードに比べれば格段に優れている感じがします。

因みに<PS>E法(電気用品安全法)的には、屋内の配電盤からコンセント等に給電するための主として壁の中を配線される固定配線用の「ケーブル」と、電子・電気機器に電源供給するためのもので導体に集合撚線の使用が義務付けられている「コード」は全くの別物だそうで、私が自作したものは「電源ケーブル」ではなく「電源コード」ということになります。

続きを読む


タグ:SPC-1000 P-037 C-037
前の5件 | - 電源ケーブル ブログトップ