So-net無料ブログ作成
検索選択
スピーカーケーブル ブログトップ
前の5件 | -

BELDEN 9497 [スピーカーケーブル]

BELDEN ベルデン 9497 16GA
9497.jpg
米国ベルデン社のオレンジとブラックで編みこまれた2芯スピーカーケーブル。
1m当りの撚り数は8460の約20回、8470の約26回に対し、約78回と多いのが特徴。
太さ16GAの推奨距離は片側3m~4mという事で、片側3.5mにて使用中。
■芯数:2芯
■外径:5.33mm
■シースカラー:橙+黒
タグ:9497

CANARE 4S6 [スピーカーケーブル]

CANARE カナレ 4S6
4S6.jpg
日本のケーブルメーカー カナレ電気の4芯スピーカーケーブル。
柔軟性があり取り回しが良い、加えて非常に安いのが魅力。
サラウンド用に片側10mで使用中。
■芯数:4芯
■外径:6.4mm
■シースカラー:灰、黒、赤、青、クリーム

スピーカーケーブルの選定については、カナレ電気のFAQが参考になります。
http://www.canare.co.jp/faq/faq.html#cab09
タグ:4S6

Victor スーパー・スピーカー・コード [スピーカーケーブル]

Victor ビクター スーパー・スピーカー・コード スピーカーケーブル
victor_super_code.jpg
SP-LE8Tを買った際に導入したケーブルで、8対の細線で構成されるベルト状のコード。
低インピーダンスにより伝送効率を高めたというのが謳い文句で、2芯並行ケーブルしかなかった当時、見た目も斬新で注目度が高かった。
幅は約16mmあるが厚さが1mm程なので取り回しは良く、フラットケーブル的な使い方も可能。
お気に入りだったが、いつのまにか廃番になってしまった。
片側3mで使用中、確か500円/mだった記憶あり、16×4=64本の末端処理は大変。
■構造:0.18×7の撚り線、赤・黒8対、計約1.4sq(スケア)
■材質:純度3N以上の軟銅
■撚りピッチ:10~15mm
■直流抵抗:2.0mΩ/m

PIONEER JC-200 [スピーカーケーブル]

PIONEER パイオニア JC-200
jc-200.jpg
http://audio-heritage.jp/PIONEER-EXCLUSIVE/etc/jc-200.html
30年以上前、SX-111Dを導入した頃に購入した、4芯スターカッド構造のスピーカーケーブル。
4芯のスターカッド構造は、自己インダクタンスを減らす効果があるそうで、2芯並行ケーブルしかなかった当時、かなりはやっていた記憶がある。
外径は約6mm、柔らかくて取り回しが良い。
片側1.5mで使用していたが、現在は未使用。
タグ:JC-200

SAEC SPC-1000 [スピーカーケーブル]

SAEC サエク SPC-1000
spc-1000.jpg
会社の先輩からのもらいもので、電源ケーブルと見間違う極太の高級スピーカーケーブル。
硬くてごついので取り回しは良くない。
太すぎてプッシュタイプのスピーカーターミナルに適合せず、本格的には使用していない。
■芯数:2芯
■外径:12.5mm
■導体の素材にはス-パ-アニ-ル処理を施した5N相当のOFC“高純度無酸素銅”を使用
■希望小売価格 3,360円/m (税込)



タグ:SPC-1000
前の5件 | - スピーカーケーブル ブログトップ