So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

「新4K衛星放送」対応チューナー [薄型テレビ]

12月1日にスタートする「新4K8K衛星放送」は、民放キー局系BSとNHKであれば、現在と同じ右旋のアンテナで受信できるため、主要6チャンネルはチューナー対応だけで4K放送が楽しめます。
4k8k.jpg

外付け4Kチューナーは、ピクセラが10月初旬、東芝が本年秋、シャープが11月下旬に発売予定、パナソニック、ソニー、アイ・オー・データも年内発売の予定です。

PIXELA「PIX-SMB400」
pix-smb400.jpg
http://www.pixela.co.jp/products/smarttuner/pix_smb400/
ピクセラは、12月1日から始まる「新4K8K衛星放送」に対応したAndroid TV搭載チューナ「PIX-SMB400」を開発。
10月初旬より発売し、価格はオープンプライスだが、3万円未満を想定している。

TOSHIBA「TT-4K100」
tt-4k100.jpg
http://www.toshiba.co.jp/regza/option/4ktuner/index_j.html
東芝映像ソリューションは、2018年12月1日にスタートする新4K衛星放送対応のBS/110度CS 4Kチューナ「TT-4K100」を'18年秋に発売する。
価格はオープンプライスで、店頭予想価格は4万円前後。

東芝はいち早く4Kチューナー内蔵レグザも発表済みで、他社がまだチューナー内蔵テレビを出していない中、6月6日から「REGZA M520X」を発売し、その後「BM620X」を6月下旬に、有機ELテレビの「X920」も7月下旬に発売予定です。

REGZA M520Xシリーズ
東芝映像ソリューションは、BS 4Kチューナを搭載したスタンダード4K液晶テレビ「REGZA M520Xシリーズ」を6月6日より順次発売する。
43型と50型を6月6日から、55型と65型を6月中旬より発売し、価格はオープンプライス。店頭予想価格は43型「43M520X」が13万円前後、50型「50M520X」が16万円前後、55型「55M520X」が20万円前後、65型「65M520X」が25万円前後。


REGZA BM620Xシリーズ
東芝映像ソリューションは、BS 4Kチューナと重低音バズーカ(BAZOOKA)スピーカーを搭載した4K液晶テレビ「REGZA BM620Xシリーズ」を6月下旬より発売する。
43型「43BM620X」、50型「50BM620X」、55型「55BM620X」の3モデルを用意し、価格はオープンプライス。店頭予想価格は43型が14万5,000円前後、50型が17万5,000円前後、55型が21万5,000円前後。


REGZA X920シリーズ
東芝映像ソリューションは、12月1日にスタートする新4K衛星放送(新BS/CS 4K放送)に対応する4K有機ELテレビ「REGZA X920シリーズ」を7月下旬より発売する。
55型の「55X920」と、65型「65X920」を用意し、価格はオープンプライス。店頭予想価格は55型が45万円前後、65型が65万円前後。


なお、BS 4K放送の視聴には10月後半に提供予定の「BS/CS 4K視聴チップ」が必要で、このチップをREGZA側面の専用端子に接続することで、4K放送が視聴可能になります。

タグ:4K
nice!(17)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 17

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。